ひな人形

ひな人形

ひな人形を探す

作家物のひな人形

ひな人形 平安優香作のページへ
真多呂人形のページへ
大里彩 作 ひな人形のページへ
山口政子作ひな人形のページへ

種類別ラインナップ

ひな人形 親王飾りのページへ
ひな人形 収納箱飾りのページへ
ひな人形 立雛飾りのページへ
ひな人形ケース入のページへ
ひな人形 五人飾りのページへ
ひな人形 十五人飾りのページへ
プーカのひな人形のページへ
ひな人形オリジナルセットのページへ

関連商品

名前旗(女の子用)のページへ
名前立札(女の子用)のページへ
まり飾りのページへ
御被布のページへ
市松人形のページへ
ひな人形 インターネットご購入特典のページへ

お人形や雛道具の単品販売

ひな人形 親王揃い
親王揃い(単品)

オリジナルの組み合わせ

お人形(親王揃い)や雛道具(屏風、飾り台、燭台、雪洞、貝桶)のみの単品販売も承っております。

「お人形と花だけ欲しい」「お人形と屏風だけで飾りたい」といったご要望もお受けしております。

実物を店頭で見る

人形のお顔

ひな人形 男雛の顔
男雛の顔
ひな人形 女雛の顔
女雛の顔

お人形のお顔の表情は様々です。店頭では、お気に入りの目鼻立ちや衣裳との組み合わせなどご自身の目でご確認いただけます。

衣裳の柄行

ひな人形 男雛の衣裳
男雛の衣裳
ひな人形 女雛の衣裳
女雛の衣裳

カタログやインターネット上ではわかりにくい衣裳の広がりや、同じ種類の人形でも1点1点異なる衣裳の柄行を店頭にてご覧いただけます。

ひなまつりとひな人形について

ひなまつりとひな人形

健やかな成長を願いお祝いする

ひなまつりの歴史は古く、平安時代にまでさかのぼります。当時の宮中では、3月初めの巳の日に、災いや凶事を託した「ひとがた」を川に流し、神社や寺院に納めて祈祷する無病息災のお祓いが行われていたそうです。その儀式が、当時、子どもたちの間で流行していた人形遊びと結び付いて定着したのがひなまつりの由来と言われています。


3月初めの巳の日に行っていたので「上巳の節句」と呼ばれ、女の子を持つ家庭は毎年3月3日に、宮中の結婚式を模した「ひな人形」を飾り、健やかな成長を願いお祝いする伝統文化として現在も受け継がれています。