五月人形

五月人形 逞しく健やかな成長を願う

五月人形を探す

作家で探す

加藤一冑 作のページへ
加藤鞆美 作のページへ
辰広作 兜のページへ
雅峰作 兜のページへ
京製 兜飾りのページへ
大里彩 作 五月人形のページへ

種類で探す

兜収納箱飾りのページへ
着用兜のページへ
鎧平飾りのページへ
兜ケース飾りのページへ
真多呂作 武者人形のページへ
プーカのたんたんごのページへ

関連商品を探す

名前飾りのページへ
陣羽織のページへ
つるし飾りのページへ
家紋台座(兜用)のページへ
五月人形オリジナルセットのページへ
五月人形 インターネットご購入特典のページへ

実物を店頭で見る

兜は正面から見て美しいのはもちろんですがカタログやインターネット上ではわかりにくいのが兜の質感や背面です。特に背面は上質な兜であるほど甲冑師のこだわりが見られる部分の一つであり、色鮮やかな縅や錣の広がりなど同じ種類の兜でも一つひとつ異なるつくりを店頭にてご覧いただけます。

端午の節句と五月人形

端午の節句と五月人形

端午の節句・菖蒲の節句

5月5日の「こどもの日」を端午の節句、菖蒲の節句と呼びます。古代中国では、五月始めの丑の日に邪気を祓うために蓬で作った人形や虎を軒に飾り、粽や柏餅を食べ、菖蒲を浸した酒を飲むなどの行事が行われてきました。鎌倉・室町時代の武家屋敷では五月の節句に梅雨時期に入る前に手入れを行うため、旗幟や吹流しを外に飾り、座敷に鎧や兜を飾りました。


健やかな成長と立身出世を願う

江戸時代には男の子の節句として武家の行事が一般庶民へも広まり、男の子の健やかな成長と立身出世を願う祭りとして盛大になっていきました。こうして、梅雨前の武具の手入れに始まりながら、現在では一人ひとりの男の子の逞しい成長を願う行事として定着し、五月に飾る「鎧兜飾り」「鯉のぼり・武者のぼり」は日本の伝統文化として親しまれています。