行灯

行灯(あんどん)

行灯を探す

標準サイズ:10~12号

行灯10号のページへ
行灯11号のページへ
行灯12号のページへ
回転灯のページへ
銘木行灯のページへ
行灯(限定品)のページへ

小型サイズ:8~9号

行灯8号のページへ
行灯9号のページへ

種類別:対絵・家紋入・神道用

行灯(対絵)のページへ
行灯(家紋入)のページへ
行灯(家紋入・対絵)のページへ
神道用 行灯のページへ

飾り方について

お仏壇に飾る

行灯とお仏壇
行灯とお仏壇

祭壇に飾る

行灯と祭壇
行灯と祭壇

1対(2個)飾りが基本

行灯(あんどん)はお仏壇や祭壇の脇に直置きでお飾りするオーソドックスな提灯です。

盆道を照らす灯りとして、左右1対でのお飾りが基本となります。

サイズについて

行灯を仏間の前に設置
行灯11号を仏間に置いたイメージ

一般的なサイズは11号

行灯は8~12号サイズの取り扱いがあり、当店では11号を最も多くお買い求めいただいております。11号を基準に、もう少し大きいものであれば12号、小さめなら8~10号を目安にお選びください。

サイズ表記について

行灯サイズのイメージ図

記載サイズの「高さ」は、提灯足の下から上部手板までの総高さを表記しております。


行灯の組み立て方について

箱から部品を取り出す

行灯の組み立て方 行灯の部品
代表的な行灯の部品

箱から行灯の部品を取り出して並べます。

火袋・上足・下足・つば・手板・三角・風鎮・電球・コード・説明書などがあります。


足を差し込む

行灯の組み立て方 つばに足を差し込む
つばに足を差し込む

つばを手で押さえ、足を1本ずつ(合計3本)差し込みます。その際、足を左右に軽く動かしながら押し込むと上手く差し込めます。


三角を取り付ける

行灯の組み立て方 下足に三角を取り付ける
下足に三角を取り付ける

下足の三本の内側に三角を取り付けます。その際、最後の足は根本が折れないように注意しながら、軽く開いて差し込みます。


電気コードを取り付ける

行灯の組み立て方 電気コードを取り付ける
電気コードを取り付ける

つばに電気コードを取り付けます。つばの下からコードを通して付属の房掛ナットで締めます。電球を取り付けて、灯りが点くことを確認します。


上足を差し込む

行灯の組み立て方 上足を差し込みます
上足を差し込みます

つばに上足を2本差し込みます。その際、上から強く押し込むと下足に負荷が掛かりますので、つばを押さえて、上足を左右に軽く動かしながら押し込むと上手く差し込めます。


火袋を固定する

行灯の組み立て方 火袋を固定します
火袋を固定します

火袋の輪の中に上足を通して、つばに下輪をはめ込みます。つばに付いている金具を開いて火袋の下輪を固定します。


手板を取り付ける

行灯の組み立て方 手板を取り付けます
手板を取り付けます

上足に手板を取り付けます。その際、上足の内側を押さえ、手板を軽くねじ込むように動かすと上手く差し込めます。


火袋を開く

行灯の組み立て方 火袋を開きます
火袋を開きます

火袋の上輪に付いている紐を持って、ゆっくりと引上げます。紐を上足の金具に掛けて火袋を張ります。写真のように絵柄の正面を1本足の方向に合わせます。


風鎮を取り付ける

行灯の組み立て方 風鎮を取り付けます
風鎮を取り付けます

電気コードの房掛に房(風鎮)を取り付けたら完成です。御供え物としていただいた場合、「敬供札」も同じく房掛に吊りさげ、名前が見えるようにします。


行灯を飾る

行灯の組み立て方 行灯を飾ります
行灯を飾ります

祭壇やお仏壇の両脇に設置します。行灯を移動する際は、写真のように下足を持って動かします。


※上記は代表的な行灯の組み立て方です。行灯の種類やメーカーによって仕様が異なりますのでご参考としてご覧ください。

盆提灯ラインナップ

盆提灯 行灯のページへ
盆提灯 住吉のページへ
盆提灯 行灯・住吉セットのページへ
盆提灯 門提灯のページへ
盆提灯 創作提灯のページへ
初盆用白提灯のページへ
神道用盆提灯のページへ
盆提灯 霊前灯のページへ
盆提灯 博多長のページへ
盆提灯 御殿丸のページへ
盆提灯 壺型のページへ
い草座布団のページへ