破魔弓

破魔弓

破魔弓を探す

サイズで探す

破魔弓8号ケース入のページへ
破魔弓10号ケース入のページへ
破魔弓13号ケース入のページへ
破魔弓15号ケース入のページへ
破魔弓18号ケース入のページへ
破魔弓20号ケース入のページへ
破魔弓23号ケース入のページへ

額飾り・壁掛けを探す

破魔弓 額飾りのページへ
破魔弓 壁掛けのページへ

当店の破魔弓について

2021年(令和3年)破魔弓の広告(表面)
2021年(令和3年)破魔弓の広告(表面)

厳選した破魔弓を取り扱い

破魔弓(はまゆみ)は数百種類もの商品ラインナップがあり、ケースの材質・羽根の種類・全体のデザインや色合いを厳選したおすすめ品を店頭に取り揃えております。


2021年(令和3年)破魔弓の広告(裏面)
2021年(令和3年)破魔弓の広告(裏面)

店頭で実物を見る

破魔弓の店頭展示期間は毎年11~12月。天然材ならではの木目や矢羽根の色模様、弓矢のつくりをご自身の目でご覧いただけます。


※店頭ではインターネットに掲載されていない限定商品を中心に展示しております。

破魔弓の飾る時期・向き・場所について

破魔弓の飾る向き

飾る時期

破魔弓は男の子が生まれてから初めて迎える正月(初正月)に飾ります。魔除け厄払いの意味が込められており、12月中旬から飾り始めます。一年を通して飾っておいても構いません。

飾る向き・場所

これまでは床の間に飾ることがほとんどでしたが近年の住宅事情もあり、サイドボードや玄関棚の上にお飾りすることも増えてまいりました。難を転ずる南天のように、厄除けの願いを込めて鬼門に飾ることもあります。


破魔弓の由来について

破魔弓の由来

健やかな成長を願う

現在のように装飾品として飾るようになったのは鎌倉時代、武家や町人の間に男児の初正月の祝いに破魔弓を贈る習慣が生まれました。弓には邪悪を払う力があると考えられ、真っ直ぐな矢には男の子に雄々しく育てとの願いが込められていますので、男の子の初正月には破魔弓を飾ります。